こだわりの組み立て方

banner1

当店では自転車のプロが、納車前にしっかりと整備点検・組み立てを行った車両を店頭で販売しています。工場からお店に出荷されてきたバイクは、およそ7割方組み立ててあります。しかし丁寧に組み立ててあるかというと、どうしても不完全な部分があるのは事実です。メーカーにより精度が違う部分もあります。
当店では、全ての車種を分解、チェックしています。

工程1 バラし

まずはフレームから全てのパーツを外して、まっさらの状態に。
fit_01

工程2 ホイールの振れ取り、センター出し

fit_wheel
新品であっても多少振れは出ています。全車種きっちりと修正します。

工程3 ヘッドのグリスアップ

fit_head
出荷状態ではグリスがあまり塗られていない場合もあります。防水効果の高いグリスをたっぷり塗布しておきます。

工程4 BB(ボトムブラケット)のグリスアップ

fit_bb2
fit_bb
コンポーネントの規格に合わせた専用工具を使用します。防水効果の高いグリスをたっぷり塗布し、正確なトルクで締めなおします。
※BB30等の圧入タイプはブレーキプロテクターを薄く塗って再圧入をしています。この後、ブレーキキャリパー、クランク、フロントディレイラーを取り付けます。

工程5 リアディレイラーハンガー修正

fit_di
ディレイラーハンガーはネジがゆるんでいたり、ハンガーが曲がっていたりする事がよくあります。
増し締めチェックをして、専用の調整工具で修正します。

工程6 ハンドル、レバー位置調整

fitting6
専用器具を使ってレバーの向き、角度を合わせます。左右微妙にずれている事が多いので、しっかり左右対照に。

工程7 シフト・ブレーキ調整

fitting8
アウターケーブルは適切な長さにカット。ハンドルに沿って動かないように、テープでしっかり巻いて固定します。インナーケーブルにはケーブルに合ったグリスを塗布します。抵抗が減るのでブレーキの引きも軽くなり、変速もスムーズに動きます。シフトとブレーキはレバーを強く握って初期伸びを取ります、その後変速調整とブレーキの調整を行い、最終段階へ。

工程8 バーテープ巻き

fitting7
直接手で触れる部分で、目につきやすい場所です。隙間が無いか、左右対照に巻けているか、ゆるんでいないか、集中して巻いていきます。

工程9 仕上げ

fitting9
ネジの増し締めチェック、車体にキズが無いかチェック、その他パーツのチェック。
安心してお乗りいただける状態でお渡し致します。

Copyright(c) 2014 Technical Bike Shop SHOWA All Rights Reserved.